Home > セフレを募集する > セフレ関係の決まりとは?


セフレで気をつけること

セックスフレンドは、相互の同意があり、金銭の授受がないというのが特徴です。なぜなら、この二点が成立していなければ犯罪だからです。

相互の合意

セックスをするにあたり、双方の合意がない状態というのは即ち無理やり性交を強要したということになりますから、強姦罪となります。弱みを握るなどして一方的に圧力をかけることで合意させることも出来るかもしれませんが、これも正当な行為として認められるものではありません。裁判沙汰になれば確実に負けるでしょう。
そういった事件に発展するような状況を防ぐためには、確実に相手の同意を取り付ける必要があります。
正直なところ、そこいらで一般女性に声をかけてセフレになってくれと言っても、同意を得るのは相当難しいでしょう。そこで、最初からセフレを募集している女性を探すのが最も確実ということになります。

金銭の授受

性行為の代償に金銭のやり取りが行なわれるというのは、売春または買春ということになります。これも現代日本では犯罪です。
したがってセフレの関係では、セックス自体では金銭の授受を行なわないというのが大原則となります。
しかし、会うための交通費やホテル代、また食事をすることがあればその費用などは必要経費と考えて男性側が支払うのがマナーとされています。関係によってはお小遣いを渡すこともあるかもしれませんが、これもセックスの代償とは考えないようにします。
ただしこれには例外もあり、女性側が主導するセフレ関係の場合は、そういった必要経費を支払うことがあります。女性側から男性側にお金が渡るので、これを逆援助といいます。
出会い系サイトには様々な目的で利用出来るサイトがあり、女性がセフレを募集していることもあります。逆援助が希望なら、そういったサイトを探してみると良いでしょう。