パソコンや携帯電話で通信する

メル友を探したいのであれば、まずはインターネットに接続しましょう。そもそもインターネット環境が整備されていないと、メル友を探してもコミュニケーションが取れません。
それはパソコンを用いた通信でも携帯電話を用いた通信でも、どちらでも特に問題はありません。ただ、どちらかと言うなら相手に合わせるのが良いでしょう。送受信の制限やフォーマット等により、メル友本来の気軽さを損なってしまう恐れがあります。
ところでメル友を探す際には通常、同じような境遇の人達が多く集まるサイトを利用するのが基本です。その時にパソコンか携帯電話かを問われている事が多いので、普段はそれほど気にしなくても良い問題です。

メル友を探せる場所とは?

メル友を探すなら、同様にメル友を探している方の集まる場所に飛び込むのが一番です。せっかくのインターネット環境も、活用しなければ膨大なデータの塊に過ぎません。
広大な空間の隅っこでメル友募集と叫んでみても、一体誰が気に留めるでしょう。それでも運良く見つかるかもしれませんが、そんな幸運に頼った方法が一般的になる筈ありませんね。
当然ながら確率の高い方法が好まれるようになり、それはメル友募集者が多く集まる場所という訳です。形態は特に限定されておらず、特別に用意されたウェブサイトを利用する方がいれば電子掲示板の書き込みに反応していく方もいます。
ウェブサイトの方はともかく、電子掲示板は冷やかしの可能性も多分に考慮しておかなければなりません。ウェブサイトに関しても、有料サイトでないなら誰でも参加するのは可能なため、完全に信用した行動は少し自重したいです。
また、メル友募集と言いながら最終的に出会いをどこかで期待しているという方は始めから出会い系サイトの方に向かいましょう。

リアルでの出会いはありなの?

とは言ったものの、現実にメル友からリアルでの出会いというパターンが一般化しつつあるのも事実です。もちろん強制されたものではなく、またサイトによっては禁則事項となる場合があります。
ただ、そのメル友募集サイトの手を離れてしまえば後の行動は二人の意思により決定されます。妙な話、最初は全くといっていいほどリアルで会う意思がなくてもメールをし続けるうちに心変わりする可能性がないとも言い切れません。
そうした地点を出発し、最終的に結婚まで進んだという例も稀ですが存在しますからね。最初に抱く第一印象が外見的特徴ではなく、メールに託したなので案外付き合いとして成功しやすいのかもしれません。
もちろん、基本はあくまでメル友なので逢瀬の強要は勧められません。相手に顔が分からない、という点で安心してメル友を募集している方がいる事を忘れてはいけませんよ。