Home > 悪質なサイトとは? > ワンクリック・ツークリック詐欺


進化を続ける機器を使いこなせるか?

デジタル機器は、今や私達の生活において必要不可欠とさえ言えるでしょう。高性能な端末一つが丁寧に私達をサポートしてくれ、依存症と呼べそうな人も中にはいるかもしれませんね。
二十世紀末頃より発足したIT革命以降、その成長速度は加速度的なものでした。進化の歩みは留まることを知らず、今日も今日とて時計の針を進め続けています。
昔の人が今の世を見れば、こと便利さに限定してみれば涙を流して羨んだかもしれません。ただ、機器ばかりが進化してユーザーが歩みを止めてはまずいです。
機器はツールに過ぎず、それを正しく使いこなせるユーザーあっての性能です。機器を使いこなすというのは何も、マニュアル通りの操作が出来るという事に限りません。

トラブルを対処出来る事が必要

理想を言えば持っている機器の機能を理解しているレベルを要求したいですが、さすがにハードルが高いので少し観点を変えましょう。その機器を使用していて起こり得る、比較的高い頻度で起こり得るトラブルに対し的確な対処が出来る事までを要求したいです。
迷惑メール一つに慌てふためいているようでは、ちょっと使いこなしているとは言い難いですね。最も身近なデジタル機器と言えば携帯電話の類ですが、それ特有のトラブルも幾つかあります。
近頃の携帯電話は高度なネット機能が搭載されており、様々な契約が容易く行えるようになっています。そこで問題とされているのが、ワンクリック詐欺やツークリック詐欺といったものです。

ワンクリック詐欺・ツークリック詐欺

ワンクリック詐欺というのは、例えば入口といったボタンを押した瞬間にそのサイトとの契約が交わされてしまうものです。当然ながら詐欺であり無効となる契約ですが、それが分からないうちから支払わせようという悪質なものです。
ツークリック詐欺は更に巧妙さが増しており、パッと見ただけでは分からない事もあります。それでも、契約内容を示した約款に不備があったり分かり難かったりすると無効になるので極度に心配する必要はありません。
特に悪質なサイトともなると、あたかも個人を特定したかのような脅迫まがいの文章で契約が交わされたと強調してきます。当然ながら無効な契約なので従う必要はまるでなく、ただ説明の煩雑さや分かりにくさが感覚を鈍らせてしまいます。ワンクリック詐欺やツークリック詐欺は、その情報を知っていれば避けられるというものでもありません。
IPアドレスを表示されただけで焦ってしまい、金銭を要求されていれば急いで振り込んでしまうという方も多いのでしょう。現実には、IPアドレスから実際の住所を探し求めるような、そんな面倒な事はまずして来ません。
相手は利用者から平常心を失わせることを初めの第一歩としています。まずは冷静な頭と心をなくさないよう心がけましょう。